◆新企画案内

新装版 バウハウス叢書 7
バウハウス工房の新製品

新装版 バウハウス叢書 7
バウハウス工房の新製品

【こちらは新装版です。旧版上製本の在庫もございます】

ヴァルター・グロピウス 著
宮島久雄 訳
B5変型版・並製・カバー装・148ページ
2019年10月刊行予定

価格/3,024 円(税込)
ISBN 978-4-8055-1053-7

ADD TO CART

INFORMATION

新装版 第2回配本(2019年10月刊行予定)
生産工房としてのバウハウス
「ものはその目的を実現すべきである。
つまり、その諸機能を満足させ、丈夫で、安価で、
そして「美しく」あるべきだ」


バウハウスが工業のためのデザインを追求し始めた1922年頃から24年までの家具工房、金属工房、織物工房、陶器工房の公式作品集。工業製品時代における実用品の価値はその普遍的な「機能」にあるとし、大量生産に適した「原型」を追求したのである。バウハウスの手工芸から工業デザインへの移行期の記録であり、デッサウ移転後に確立されるバウハウス製品の原点となった。

*この商品は新装版です。旧版の上製本の在庫もございます。

SEARCH

copyright(C)chuokouronbijyutsu. ALL RIGHTS RESERVED.PAGE TOP
特定商取引に基づく表示