◆既刊書 | 日本・東洋美術史

光琳論

光琳論

仲町 啓子 著
B5判上製函入
口絵16頁 本文348頁

価格/26,400 円(税込)
ISBN 978-4-8055-0880-0

ADD TO CART

INFORMATION

琳派の始祖・尾形光琳(1658~1716)について、著者永年の研究を書下ろしにて集大成する。光琳の子孫の小西家に伝わった文書・画稿類、さらには同年代の資料を元に、光琳の伝記を再考することで、彼の絵画制作に対する研鑽の跡を追った。先学の研究を参照しつつも、既知の完成作品にも新たな解釈を加え、光琳の歩んだ道を描き出すことを目的とし、その全体像を新たな視点から、かつ一貫した構想によって捉えなおす。

関連書籍

光琳蒔絵の研究

光琳蒔絵の研究

価格/14,300 円(税込)
雁金屋御画帳の研究

雁金屋御画帳の研究

価格/36,300 円(税込)
国宝 紅白梅図屏風

国宝 紅白梅図屏風

価格/27,500 円(税込)

SEARCH

copyright(C)chuokouronbijyutsu. ALL RIGHTS RESERVED.PAGE TOP
特定商取引に基づく表示