既刊書 | 日本・東洋建築・都市史

臨終の住まいの建築論

この本のパンフレット

パンフレット(0.6MB)

臨終の住まいの建築論

西村謙司 著

A5判上製函入
口絵8頁
本文278頁
挿図38点

価格/12,960 円(税込)
ISBN978-4-8055-0587-8

ADD TO CART

INFORMATION

古来、我国では仏教美術における荘厳の本質を死生における営みのあり方の問題として捉えてきた。本書は『往生要集』などを対象として、「臨終行儀」や「迎講」などの行われる臨終の住まいをテーマとして、その史的展開と構造を明らかにした学際的成果の公刊である。

関連書籍

密教建築空間論

密教建築空間論

価格/10,260 円(税込)
仏教説話画の構造と機能

仏教説話画の構造と機能

価格/12,960 円(税込)

SEARCH

copyright(C)chuokouronbijyutsu. ALL RIGHTS RESERVED.PAGE TOP
特定商取引に基づく表示